金利とは何でしょうか?

まずは金利と利息の違いから説明しましょう。

利息はいわばレンタル料です。このレンタル料がいくらになるかを計算するのに使うのが金利です。

「短期金利」とは、償還期間の短い債券の利率のことを言います。

通常、その償還期間が1年より長いものが「長期」で、それより短いものが「短期」とされます。

短期債には、その償還期間が短いゆえに、流動性が高く、利率の変動が激しいという特徴があります。

短期債の利率は、住宅ローンの変動利率に影響を与えます。

また、短期債の利率は、日本銀行の実施する金融政策から影響を受けます。

この点をもう少し詳しく説明すると、次のようになります。

一般に、日本銀行が金融緩和政策を実施すると短期債の利率は低くなり、金融引き締めを実施すると短期債の利率は高くなります。

そして、そのように上昇(もしくは下落)した短期債の利率は、住宅ローン等の変動利率が上昇(もしくは下落)する一因となっています。

したがって、変動型の利率で住宅ローンの借り入れを行っている人は、短期債の利率そのものだけでなく、日本銀行がどちらの金融政策を行っているかにも注目すると良いと言えます。

一方、固定型の利率で住宅ローンの借り入れを行っている人は「長期金利」に注目すると良いのですが、こちらに影響を与えるのは今後の物価の傾向(インフレ傾向か、それとも物価安定の傾向か、という点)です。