過払い請求とは何でしょうか?

過払い金とは本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者に支払い過ぎたお金のことをいいます。

かつては貸金業社から借入を行う場合には出資法で定められた、上限金利29.2%が適用されていました。

かなりの高金利であるために、その後、法律の改正により利息制限法が適用されると、そこで定められている金額は貸付金額によって15~20%となっているために、その利率差の範囲がグレーゾーン金利と呼ばれています。

それにより、これまでの利用者は、その利率の差により貸金業者に多く払った利息に関して返還を請求することができるようになり、その請求が過払い請求の意味となります。

現在においても多くの利用者が弁護士等に依頼して行っており、その対象はほとんどの貸金業者となっています。

借入期間が5年以上で利息が18%を超える場合などには過払い金が発生している可能性が高く、そのような場合には過払い返還請求を行う必要があります。

しっかりと履歴を保存している場合や小額の場合には自分で行うことも可能ですが、裁判所を活用しての対応となるために法律的な処理が必要となる場合もあり、法律の専門家へ依頼をした方が安心できます。

また、過去に借入をした場合でも時効にかかっていなければ過去にさかのぼって請求でき、取引履歴等の確認をする必要があります。