繰り上げ返済とは何でしょうか?

住宅ローンを借りる際には、まず借入金額、借入期間、支払う金利で、毎月の返済額が決まります。

この毎月の返済額には、元金返済分と利息返済分で構成され、元金返済分により借入金額であるローン残高が減っていきます。

この毎月の返済分とは別に返済を行うことで、ローン残高を借入期間より早くに減らすことができるシステムのことを「繰り上げ返済」といい、これには二種類の方法があります。

どちらも元金返済分を繰上げして返済することで、その分の利息を減らすことができるのですが、より利息を効率よくカットできるのが「期間短縮型」です。

月々の返済額は変わりませんが、期間が短くなるため予定より早くに完済できます。

そしてその期間分の利息がカットできるので総返済額もかなり軽減されます。

もうひとつの「返済額軽減型」は、月々の支払額を軽減することができます。

毎月の支払額が厳しい場合などには、今ある貯金で繰り上げをして、月々の返済額を軽減することができます。

上手く繰り上げると、利息分を減らすことができますので、メリットは大きいですが、貯金とのバランスを考えながら繰り上げを行うことが大切です。

繰り上げたばかりに、いざというときに現金がないということも起こり得ますので、よく考えてから行うようにします。