学生カードとは何でしょうか?

学生カードとは18歳以上の学生に発行される学生専用のクレジットカードを指します。

未成年なのでカード申し込みの際には親権者の同意が必要となります。

学生であるので収入もさほど期待できません。

そのため利用限度額は低く設定されていることがほとんどで、しかもキャッシングが利用できない、利用できたとしても低い限度額というところが多いようです。

年会費が無料のカードが多く限度額も低いことから、単純に儲けるという観点からは金融機関も学生向けのカードを売り出す意味がないと思われるかもしれません。

たしかにお金だけ考えればそうですが、学生のころからカードを使うという経験をすることで社会人になっても抵抗なくカードを使えるようになる。

つまり、今契約している金融機関の社会人向けの一般カードに乗り換えてくれる可能性に期待しているわけです。

確かに今では多くの信販会社があってたくさんの種類のクレジットカードがあるので、社会人になって突然カードが必要となるとどこがいいのか迷ってしまうことでしょう。

それが学生時代から小額でもクレジットカードを持って日常的に利用することで、金融商品を見る目も育つわけなのです。

学生時代からカードを使って、そのまま移行してもらえれば顧客獲得努力をしないで済むので、企業側からすると万々歳なのです。