収入証明書とは何でしょうか?

収入証明書とは正式名で住民税納税通知書もしくは住民税納税証明書であり、仕事始めの1月1日から12月31日までの1年間に収入を得たかを証明するための書類や証書のことをいいます。

この書類を受け取るには勤務先または住民票のある役所もしくは役場で発行してもらい、その書類の中に支払給与総額が記載されているものであればその書類に該当します。

この証明書がある利点としては社会に出ると家や車そして子供の子育てなどに多額の資金が必要になり、それらをすべて賄うためには個人収入だけでなく銀行からお金を借りて指定された金額を返済し続けるローンを組む必要があります。

ローンを組むためには銀行において審査を受けてそれから借りることができるのですが、当然ながら銀行にとっては多額の資金を貸して返済できないと不渡りになって損が大きいので貸す人間が安定して返済できる能力を持つ人に対して貸したいのです。

そこで企業もしくは役場から個人収入を証明できる証明書があれば、その記載されている金額を得ていることの証明になるため銀行にとっては安定した返済能力を持っているということになるのと個人にとっては審査が通りやすくなりローンを組みやすくなります。