信販会社とは何でしょうか?

信販会社は消費者信用産業の中で、主に販売信用となるクレジット取引を行っている会社をいいます。

つまり、分割払いで見られる割賦販売の斡旋を行う会社のことを指し、現在ではクレジットカードの発行も行っています。

クレジットカード会社との大きな違いは、クレジットカードでは、商品を購入するのに現金の代わりにカードをスキャンすることで決済が行われ、商品の購入毎に審査が行われることはありませんが、信販の場合にはクレジットにおいての案件、つまり、商品購入ごとに申込用紙を作成し、その都度契約を結ぶ形態がとられます。

審査も案件ごとに行われ、その限度額も購入する商品によって違ってきます。

現在、改正された割賦販売法では、支払可能見込額を含め審査には慎重な部分もあり、年収からクレジット年間支払い額と生活維持費を引いたものがマイナスの場合には、借入に関する履歴がきれいな優良顧客の場合でも、審査が通ることはありません。

しかし、審査を通れば利用限度額も大きく、利息も低く設定されているために利用をする上では大きなメリットがあります。

また、特徴として、クレジットカード会社の場合には、あくまでも申込者本人の信用度のみで審査をしますが、商品を対象として取り扱うクレジットでは申込本人に加え、連帯保証人の設定を行い審査をすることができます。

つまり、2名の信用力を審査で受けることになり、申込が通る可能性も高くなります。