一般カードとは何でしょうか?

さまざまなステータスを持ったカードがある中で、ほとんどの人が初めて手にするのが一般のカードです。

ほとんどのクレジットカードにはさまざまなステータスのカード種類があり、それぞれに会員資格が定められています。

こうした一般のカードの場合には、年会費が安いのも魅力ですが、購入金額に応じて付加されるポイントなどは、上位ステータスのカードよりも付与率が低いことがほとんどです。

こうした一般カードは、スタンダードカード、クラシックカードなどと呼ばれることもあり、多くの人が利用していますが、上位のステータスを持ったクレジットカードの場合は、持っていること自体がステータスになるものもありますが、一般のカードの場合にはそうした効果を期待することはできません。

一般のカードの場合には入手しやすいというメリットはありますが、上位ステータスのように、持っていること自体がその人の品格を挙げてくれるような効果は期待できません。

そのためクレジットカードを持つ人のステータスが上がるのと同時に、所持するクレジットカードも上位のものに切り替え、使い続ける人も少なくありません。

クレジットカードは所持すること自体がその人のステータスともなり得るため、こうしたカードの切り替えは今後も増えていくことでしょう。