ブラック情報とは何でしょうか?

ブラック情報というのは、一般的にブラックリストといわれているものであり、消費者金融系の個人信用情報において、マイナスの事実や評価がある情報のことをいいます。

これは、過去のクレジットカードやローンカードの履歴等において、不払いがあったり、支払の遅れがあったり、自己破産など記録がある場合なのです。

通常、クレジット会社やローン会社などの金融機関では、申込みをする際に、申込書に記載のあった個人情報と個人信用情報機関の個人信用情報も参考にしてカード発行などの判断を行っているのです。

ですから、この情報はとても重要なものになるのです。

これに対して、ホワイト情報というのは、個人信用情報で、マイナスの事実や評価がない報のことをいいます。

このように、クレジットカード会社やローン会社などの金融機関というのは、個人情報をもとに審査をしていき、カードなどを作って利用したときに、きちんと返済が出来る人物であるのかを判断していくようになっているので、過去に事情があってマイナスのデータのある人では発行や利用ができないような仕組みになっているのです。

しかし、これも場合により、マイナスであっても時間が経過しているなどで利用できるようになることもあるのです。