ブラックリストとは何でしょうか?

ブラックリストに掲載されるとお金を借りる時の審査に通りませんし、クレジットカードを作る事も出来なくなります。

しかし、このようなリストが存在するのではなく、審査を行う時に利用する個人信用情報の中に事故の情報が残されている場合に審査に通らない状態になると言う事なのです。

個人信用情報と言うのは、個人信用情報機関が管理を行っている情報データベースで、日本国内には3つの企業が存在しています。

この3つと言うのは、銀行、貸金業者、信販会社などがそれぞれ独自に加盟を行っている組織になります。

また、金融の中での事故の情報と言うのは、お金を借りた時の延滞の事故、代位弁済、債務整理、強制解約などになります。

尚、債務整理の中でも個人再生や自己破産と言う方法は裁判所の中で手続きが進められるのが特徴で、裁判所での決定事項と言うのは国が発行する情報誌となる官報に掲載されることになります。

官報は一般の人が閲覧する事はありませんが、官報に掲載された情報と言うのは国内にある3つの個人信用情報機関が情報を共有化する事が出来るため、銀行、貸金業者、信販会社など何れのところでも審査に通らないと言う特徴を持ちます。

また、事故の情報が記載されていることで、与信取引が出来なくなるため注意が必要です。