ネガティブリストとは何でしょうか?

ネガティブリストと呼ばれているのは、通称ブラックリストと言われているものです。

実はこれは、正式にブラックリストといったもので存在しているわけではないのですが、ブラックリストと言ったほうが、今や多くの人にもわかりやすくなってしまっています。

ローンやクレジットカードを所持し、利用において、個人信用情報にマイナスの事実が過去になると、評価としてもマイナスになります。

こういったマイナスの情報は、ブラックリストの情報となるのです。

個人信用情報というのは、個人個人における経済的な信用のレベルを表している享保のことを言っています。

クレジットカードやローンを、過去に利用した中で、支払いが遅れていたり、支払いがしていなかったり、さらには自己破産したなどという、あまり知られたくはないマイナスな事故記録があるものです。

このネガティブ情報は、あるときにチェックされることになります。

それが、金融機関での、ローンを申し込んだり、クレジットカードの申し込みをしたりする時です。

申込用紙に従って記入をしていきますが、それとは別に、自分自身の証明できる書類も確認されます。

審査の際には、これらを下に、個人信用情報機関に、細かく登録された情報も照らし合わせつつ、審査を行うのです。