クレジットカードとは何でしょうか?

消費者自身の信用に基づいて、審査をパスした上で発行されるのが、クレジットカードになります。

カード発行にあたっては、カード会社の審査を通る必要があります。

クレジットカード会社では、申込書類を、しっかりとチェックしていきます。

ここでやってはいけないのが、虚偽の申請です。

偽りなく申請することにより、信頼も得られることになります。

逆に、嘘の申告をすると、信頼は大きく落ちてしまいます。

他社からの借り入れも記載しますが、数字も正確に申請します。

個人信用情報機関に登録されている紹介を下に、簡単にチェックが行われてしまいます。

どう書いたとしても、審査では借入残高や内容を、瞬時に確認できてしまいます。

無事に審査が通って、カードが発行されれば、郵送で自宅などに届くことになります。

消費者は、ほしい商品をカードで購入することができますし、得たいサービスも、カードを使用して利用することができるようになります。

この時現金ではなく、カード1枚でサービスが受けられ、ショッピングもできることになります。

利用できる金額は、各カードによっても異なります。

その利用できる限度額内であれば、ショッピングなどで、何回でも利用することができます。