複数の金融機関からお金を借りていてもクレカのショッピング枠現金化は可能

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化と他社債務

今の時代、いくつもの金融会社からお金を借りている多重債務者は多数います。そのような方々の中には、ギリギリの状態で返済をおこなっている人も多いはずですが、返済がギリギリだからこそ返済のためにお金が必要になることもあるはずです。しかし、多重債務の状態になっている時点で新たな借入先に申し込める状態ではないはずですし、クレジットカードに付いているキャッシング枠の利用も限度に達しているはずです。

そのため、返済のためのお金を作る方法はなくなってしまうわけですが、だからといって返済をしなければ大変ですから、そこはなんとかしなければなりません。そこで活用をおすすめするのがクレジットカードのショッピング枠現金化サービスです。

クレジットカードのキャッシング枠はすでにいっぱいかもしれませんが、まだショッピング枠は使わずに残っていることもあるはずです。その枠を使って現金を手に入れる方法がこれです。

ショッピング枠現金化は他社から借りていても融資可能

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠を使いますので、言うなれば通常の買い物をすることと何ら変わりません。ただ、買い物をしたあとに買い物した金額のおよそ90パーセント前後の現金がキャッシュバックされるのです。そのため、買い物をしたはずなのにお金が手に入るというわけです。

このような方法ならば多重債務者であってもお金を入手することができるのです。他社からいくら借りていようとも、手持ちのクレジットカードのショッピング枠がまだ残っているならば問題なく融資を受けられるというわけです。厳密には融資ではなく、買い物をするだけなので、審査などもほとんどないのですぐさまお金を手にできるのです。

現金化のサービスは多重債務者でも大丈夫!

クレジットカードを使った現金化サービスは以前からあります。そして、このサービスは多重債務者を救うサービスともなっています。やはり、返済期日に遅れてしまうと、そこからは延滞利息なども追加されていきますので、返済がさらに厳しくなります。そうなってしまっては最悪ですから、そのような事態を招かないためにもまずはクレジットカードのショッピング枠現金化サービスを使って返しておく人が多いのです。

このような形でこれまでも今現在も多くの多重債務者が救われているサービスですから、今現在もしも多重債務の返済において悩んでいるのであれば、まずはその窮地を抜け出すためにサービスを使いましょう。