ブラック扱いの人でもカードがあればショッピング枠現金化は実現可能

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化の利用者

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化を考えているクレジットカードの保有者であっても、自分がこれまでの各種取引において返済が滞っていたりして、いわゆるブラックリスト入りしている場合には、ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化のサービスを活用することはできないのではないかと考えてしまう人が多いと思います。

しかし、このブラックリストが影響するのはクレジットカードの発行時です。すでに発行されているクレジットカードを持っており、そのクレジットカードが使用可能な状態になっているのであれば、ブラックリスト入りしている人であっても、問題なくショッピング枠現金化やクレジットカード現金化のサービスを活用可能です。

そのクレジットカードで他の買い物ができているはずですが、ショッピング枠現金化というのはショッピングをおこなうに過ぎない行為ですから、このようなことを心配する必要はないのです。

ショッピング枠現金化は信用情報に難アリでも借りられる

ショッピング枠現金化やクレジットカード現金化を利用する上で、たしかにブラックリストを気にしてしまう人は多いものです。ブラックリストとはそもそも、過去の金融取引状況などがまとめられている信用情報機関に登録されている自分の情報がよくない内容になっている場合のことをいいます。

たとえば返済が大幅に遅れてしまっていたり、返済が難しくなって整理をしているようなケースです。こうした場合を総称してブラックリスト入りすると言われているのですが、仮にそのような状況になっていたとしても、まだ使えるクレジットカードがあるならばショッピング枠現金化やクレジットカード現金化は可能なのです。

たとえ任意整理などをしていても、クレジットカードをそこから除外しておけばクレジットカードは継続して使用が可能となりますので、任意整理の際にクレジットカードまで含めて整理をしていなければ安心です。

クレカの現金化ならブラックでも大丈夫!

基本的にはこのようにクレジットカードを使ったショッピング枠現金化は誰でも安心して利用ができますので、お金が急いで必要などという場合にはショッピング枠現金化やクレジットカード現金化を考えていきましょう。キャッシング枠をすでに使い切っているような場合でも便利です。

また、お金が必要な理由は人それぞれですが、その用途は自由の資金ですから、用途が限定されてしまうようなローンとも異なり、とても便利です。