会わずに済むショッピング枠現金化やクレジットカード現金化

誰しも生活を営む上でお金は重要な存在になっているはずですが、このお金が無くて困るタイミングも人生には存在しています。次の給与日までまだしばらく時間がある際や、計画的にお金を使っていたものの冠婚葬祭や飲み会などの人付き合いが増えてしまって、予想以上にお金が必要になった場合などです。

このような場合、なんとかして金策に走るわけですが、クレジットカードに付いているキャッシングなどもすでに満額借りているような場合やキャッシング機能を付けていなかった場合には、そのほかの方法を探ることになるのですが、そもそもクレジットカードを持っていればそのショッピング枠現金化という方法もあるのです。

普通ならばショッピングをおこなうための与信枠を使って買い物をおこなうのです。その上で業者からキャッシュバックなどの形で購入学のおよそ90パーセント前後の現金を戻してもらうシステムです。これによってショッピング枠を使って現金が生み出せるようになっており、このようなサービスをおこなう会社が全国にたくさんあるのです。

ショッピング枠現金化ならネットで現金が手に入る

ショッピング枠現金化はクレジットカードを持っている人ならば誰でも申し込むことができるようになっています。しかも、インターネットを使って申し込みができるようになっています。自宅にいながらパソコンから申し込みができたり、出先などでスマートフォンから申し込めるようになっている会社もあります。

対応の有無は事業者ごとに異なっていますが、全体から見ますとかなりの数がインターネット経由での申し込みがおこなえるようになっているので、その利便性もとても高くなっているのです。

インターネット申し込みができる現金化の便利なシステム

インターネットからショッピング枠現金化の申し込みをおこなうことができると、自分は店舗など先方の事業所まで出向かなくて済みますので手間暇をかけずに現金を手に入れることができます。

また、現金の受け渡しに関しても申込者の銀行口座を伝えておくことによって、本人確認などの審査が終わったタイミングでそちらに振り込んでもらえるのです。

つまり、申し込みだけではなく現金を手にすることも自宅にいながらできてしまうのです。さらにスピーディーに対応してくれますので、ショッピング枠現金化は便利なサービスとなっています。

安全・安心に現金化を行うにあたって

まだまだ認知度の低い資金調達方法である「クレジットカード現金化」について、みなさんから寄せられた質問を元にQ&A形式で、もっと深く現金化について掘り下げてみましょう。

業者を利用する際に気になること

インターネットのみで完結するクレジットカード現金化業者は悪徳業者が多いのでしょうか?

実際に店舗がないと不安になるという気持ちは非常にわかります。ですが今、インターネットのみの営業をしている現金化業者が増えています。というのも、店舗を持つとそれだけで家賃や光熱費などの必要経費が出ることになり、還元率が低くなる理由の一つとなるからです。

この問題からすると、インターネットでの営業であれば人件費も格段に安くなり、また、店舗型では実現できない「全国対応」ができるようになりました。これまではお近くの方にしか利用できなかった現金化サービスが、全国、どこにいても、誰でも利用できるようになったのは計り知れないメリットの一つといえます。

メリット・デメリットで言えばどちらにも一長一短の部分はありますが、まず店舗型のメリットは直接対面で話ができるので、実際に話を聞くことによって安心感があることでしょう。ですが、逆にそれがデメリットになることもあります。例えば、チラシを見て店舗に行ったものの、説明を受けると実際の換金率と比較にならない金額を提示されることも少なくありません。特に手数料として差っ引く手口が多いようです。また、そうした場面になると、断ることも困難になることもあります。話を聞きに行っただけのつもりが急に店員の態度が変わり、脅迫じみた対応をされた方も少なくありません。実店舗型のデメリットはこうしたトラブルが目の前で起こる可能性がとても高いことです。

次に、インターネットで完結する現金化は、これらのトラブルが起こる心配がなく、利用者が拒否する権利を持てる余裕があります。また、ネットでの申込の場合は営業時間を気にすることがありませんので、明日、朝一番で現金が必要な場合でも、移動しながら手続きをすることもできます。

こうしたところから、どちらの営業形態にもメリット・デメリットは有りますが、店舗の有る無しで優良業者か悪徳業者かという判断は一概にはできません。

クレジットカード現金化業者はいわゆる「消費者金融」「サラ金」とは違うのでしょうか?

こちらは勘違いされている方が多いのですが、現金化業は基本的には賃金貸し借りの機能はありません。つまり、消費者金融やキャッシングローンなどのお金の作り方とは根本的に違います。クレジットカード会社や信販系の賃金業務取扱いの資格がありませんので、お金の貸し借りなどができません。

しかし、この世に悪いことを考える人はどの業界にもいるわけで、どんなにまっとうな仕事であってもサラ金やヤミ金などと言われる、いわゆる「悪徳な消費者金融業者」が存在することによって金融関係の職業はあまり印象を持たれることはありません。それと同じく、現金化業界にもそうした悪徳業者がゼロというわけではありません。ですので、利用する際には業者側が取るべき対応をしっかり把握しておけば「あれ?なにかおかしいな…」という事に気がつけると思います。

クレジットカード現金化は消費者金融やキャッシングなどとは全く違うもの認識してください。

クレジットカード現金化業者って実は暴力団という噂は本当?

金融業あるあるの一つとして、母体が暴力団・ヤクザだという噂が飛び交いますが、これは全くの誤報です。言ってしまえば現金化業者の取引相手は利用者よりもクレジットカード会社と商品を販売する業者であって、商品購入を仲介してキャッシュバックすることが現金化業者の仕事です。クレジット会社が相手であればびっくりするような大金が動くわけでもなく、ごく普通の商売人と同じポジションであることがわかるはずです。となると、そんな儲からない業務を暴力団が関与することはまずありえません。

とは言え、ダークな噂が立ちそうな業界でもありますので、疑いの目を持って利用するのは悪いことではないかもしれませんが、こと現金化業者に関しては一切暴力団や暴力団関係者などが関与していることはありません。

クレジットカード現金化業者は「紹介屋」とグルなのでは?

ここで初めて聞く方もいるかもしれませんが、紹介屋とは簡単に言うと街金や高利な消費者金融に利用者を斡旋する、紹介するといった人たちです。現金化を利用する方々はお金に困っていることを良いことに、即現金が手に入る(が、利子がとてつもなく高い)のでつい流されてしまうという方も多いのですが、現金化サービスができたことによって即日現金を調達する方法にも幅が増え、こうした紹介屋などはどんどん廃れていく方向に進んで行くでしょう。

ですがもし、紹介屋から現金化業者を、もしくは現金化業者が紹介屋を紹介したという状況であれば、その現金化業者は要注意として考えたほうが得策です。特に店舗型の、逃げられない状況にあった場合に、こうした悪徳業者に絡め取られるような危険があります。

ネットで完結するの現金化業者はこれらとは一切無縁であることが確認済みですので安心してご利用ください。

「優良業者・悪質業者」ってどういう違いがあるの?

優良、悪質の定義は人それぞれ考え方が違うかもしれませんが、広い意味で言えば「悪質な詐欺行為するかしないか」の違いと考えて問題無いでしょう。また、せまい意味で言えば、優良業者と言われる現金化業者はその多くが高還元率であったり、毎月、毎週、業者によっては毎日何かしらのキャンペーンを行っているところもあり、特に初回の契約が成立した場合、商品券などが特典としてもらえることも多いです。また、リピート利用者はどんどん高還元率になっていくシステムを採用している業者もあり、それらの「ユーザーにとって嬉しいサービスが多い業者」が一般的には優良業者と言われているかと思います。

当サイトでご紹介している現金化業者はどこも平均よりも高い還元率で現金化できますのでご安心ください。

悪質なクレジットカード現金化業者、詐欺業者はいるの?

悪質な現金化業者も数件確認しましたが、特に悪質だった業者の手口を幾つかご紹介します。

  • 還元率が完全に誇大広告である(例:還元率99%と謳っている)
  • 問い合わせしただけなのにしつこく連絡が来る
  • 住所やメールなどを記入してしまったために架空請求が届く
  • 商品購入段階前にキャンセルを申し込んでも受け付けてくれない
  • 明記されている還元率とは明らかに違った金額を提示される。(いろいろと理由をつけて)
  • クレジットカードの現金化は利用者が本人かどうかの確認程度のなのに執拗に個人情報を求められる

などなど、まっとうな現金化業者からしてみればありえないことのオンパレードなのですが、初めて利用される方には何がスタンダードなのかもわからないかと思いますので、現金化業者の実態を知ることこそが安全に利用する一番の方法と言えるかもしれません。

余談になりますが、電話で問い合わせた際に、どう考えても同じ人が出ているのに毎回担当者の名前が違うことがあったとの話を聞いたことがあるのですが、実は裏業者のマニュアルを読む機会があり、確かにそうしたオペレーションマニュアルが存在していたことも事実として記しておきます。

悪質業者を見分ける方法ってありますか?

最後に最も重要な事をお話しますが、悪質業者を見分ける方法は非常に簡単で、特にインターネットで完結するようなサービスであれば誰でもすぐに見抜けます。その悪質業者を見定める方法を上げてみると

  1. 経営者、もしくは事務所などの住所が記載されていない
  2. 連作先が記載されていない
  3. 会社、経営者、責任者などの名前が一切見当たらない
  4. サービスを利用する前に換金率を確認できない
  5. 最低換金率が95%以上

これらはサイトでも確認できる情報で、一つ目、二つ目は簡単に書くにできる項目です。また、サイトのデザインが極端に前時代的なもの(背景が黒など)は利用者の立場になって説明するという意識がかけていると考えて良いでしょうし、避けたほうが良いでしょう。

また、電話で問い合わせてみることでわかることも有るのですが、例えば

  • 通話中ではないのになかなか電話が繋がらない。また、日をあらためて連絡してもつながらない。
  • 「実際このショッピング枠の残額ならいくらで還元してくれるの?」と問い合わせているのに銀額を明言しない。
  • 商品を購入していない段階であってもキャンセルすると「今キャンセルするとキャンセル料がかかる」と脅される。

などなど、悪質業者のあらを探すといくらでも出てくるのですが、だいたいこのようなタイプの行為が行われています。話を聞いてみるとあきらかにおかしいのがわかるはずですので、相手の気迫に押されないようにしましょう。また、電話などであれば、話している途中で切ってしまうのも手です。着信拒否してしまえばどうということはありません。

もしも悪質な業者の被害にあってしまったらどうしたらいい?

当サイトでご紹介しているサービスを利用すればまずこのようなことは起こりえないと保証できるのですが、もし今回このサイトを見て、以前に利用した業者でこうした被害があったということでしたら迷わず消費者センターなどに問い合わせてください。悪質業者であればすぐに営業停止になるでしょう。また、そうした際に業者側からの報復は一切ありません。(誰が通報したかは伝わることはありません。)

全国の消費生活センター一覧:http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

ショッピング枠現金化ノウハウリスト

実際に現金化をするためのノウハウをまとめました。これを読めば正しいショッピング枠現金化の方法がわかるはずです。

現金化を行う前に、自分の気になるタイトルのものを必ず読んでおきましょう、きっと良い現金化の方法が見つかるはずです。